オペラ

びりーぶスタジオとぴっこらなーべ

スカイツリーをのぞむピアノキッチンスタジオ

 

この可愛らしいピアノサロン。墨田区押上にあるびりーぶスタジオです。

 

ご縁あって、今度こちらで2つの演奏会に出演することになりました。

 

一つ目は、

来月4月14日午後にファミリーコンサート。

近頃しばしばご一緒している作曲家平田もも子さんと、ご友人のソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さんによるアンサンブル「ぴっこらなーべ」

そこにヴァイオリンで器楽の音を加えた豪華なファミリーコンサートです。

曲は、とても楽しいクラシックから皆さまご存じのあのメロディまで!モーツァルトの美しい2重唱や優しい童謡を歌います。

日時4月14日 13時半開演(13時開場)
入場料 大人1000円
お子さんは入場無料。赤ちゃんからご入場頂けます。
お飲み物、お菓子付き。

 

ここで、「ぴっこらなーべ」のご紹介を致します。

ソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さん、ピアノ兼編曲の平田もも子さんによるアンサンブルグループで、
有名なオペラアリアから民謡、童謡、シャンソンなどを得意の演目とし、様々な活動をしておられます。

ソプラノ根本真澄

郡山女子大学附属高等学校音楽家ヴァイオリン専攻卒業。
東京藝術大学音楽学部声楽家を経て同大学別科卒業。
新曲演奏や即興演奏を中心に活動。大学卒業時に同声会賞受賞イタリアにてFestival musicale Recondite Armonie最優秀演奏者賞を受賞。
高橋啓三、平松英子、アンナ=マリア・パーマー各氏に師事。啓声会会員。
日本声楽家協会準会員。

 

バリトン温井裕人

東京藝術大学音楽学部声楽家卒業及び、同大学別科修了。
幼少からピアノを始め、16歳で声楽に転向第89回横浜新人演奏会他、多数の演奏会に出演。
現在自身の演奏活動の傍ら、ピアノや声楽の個人指導も行っている。

 

ピアノ編曲 平田もも子

東京藝術大学作曲家卒業、現在同大学院エリクチュール科に在籍中。
編曲が月刊ピアノ、ミュッセオンデマンドにて掲載、発売されている。
作曲を安良岡章夫氏に、エリクチュールを林達夫氏に師事。

 

この豪華な4人で、5月20日の夕方に更に内容も豪華な会を催します。
それも、オペライブニングパーティ!

平田もも子さん編曲によるオペラの数々を
ソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さんに歌い上げてもらい、
私と平田さんがヴァイオリンとピアノの室内楽で伴奏するというもの。
しかも、そこにこちらのキッチンによるお食事と特別セレクトのワインもご用意しております。

参加費は、お食事とお飲み物込みで5000円。

ワイン選定は、いつもお世話になっている関西割烹恵比寿のら本店オーナーソムリエ SAKE DIPROMA 永島ワタルさん。

 

 

 

初めて「ぴっこらなーべ」の歌声を聴いたとき、思いがけずうっとりとしてしまって、
それは彼らと共演する舞台でもあったのですが、聴き入ってしまい
自分が弾くことも、どこかに行ってしまいそうなくらいでした。

とても柔らかく優しく五感に染み渡ってくる歌声。

その柔らかさと、この可憐で明るいサロンはぴったりです。

 

ぜひ、新しい芸術の形、それも空間と歌声と味わいによる五感全体の体験へ、足をお運び下さいませ。

 

お問い合わせ、詳細はこちらまで。
believekazu615@gmai.com    090(1260)8067
びりーぶスタジオ東京都墨田区業平5-2-5(押上駅徒歩6分)

横浜の合唱団 コーロ・デル・フィオーレ

確かな指導に基づいた豊かな音楽

過ぎし7月に開催されました、アマチュアの合唱団コーロ・デル・フィオーレの定期演奏会でのひとコマです。

まるで合唱団の舞台とは思えないこの様子は何かというと、

ビゼーのオペラ「カルメン」から有名なシーンを現代風の演出で演じておられるのです。これは最後の幕で闘牛士エスカミーリョが登場する場面です。街の人々がスターを待ちわびているところ、現代風にすると確かにこうなるでしょうね。

この日の演奏会は、様々な趣向を凝らした演目の数々が繰り広げられました。

こちらは、舞踊家による振り付けがなされた演目で、横浜をテーマとした歌のメドレーでした。昭和の歌謡曲もあり、クラシックだけでない幅広さを感じさせられました。このほかに、白のブラウスと黒のロングスカートのクラシカルな衣装で歌われた合唱曲、こちらがまた大変美しかったです。日本の歌曲で、歌詞は林望さんによるものでした。

この合唱団は、アンサンブル金沢での指揮など、指揮者として大活躍の辻博之さんが長年ご指導されておられるそうです。その指揮姿は客席から拝見していて本当に素晴らしかったです。あのように指揮されたら自然と伸びやかな芸術が生まれ出るのだろうな。

この日の演奏から、この合唱団は辻さんによる的確で愛情ある確かな指導を受け続けていることがひしひしと感じられました。無理がない自然な発声、クレッシェンドに始まる表現の深さに豊かさ、そしてなんと言っても伸びやかな歌声。こういった「音楽」そのものに出会えることは大変貴重だと思います。

数々の趣向を凝らすことができるのも、名指導者の監督だからこそ。なかなかあることではない、と思います。

演奏会のあとに、辻さんと直接お話しできて伺いましたところ、月に数回必ずご指導に来られているのだとか。これはとても贅沢なことだと思います。

自分にとって最良の師と出会えるとは限らないこの世界で、指導者と団員の相性がとてもよく、愛情に包まれた豊かな音楽を自然に形成していること。その様子に強く心を動かされました。

私は合唱については門外漢ですが、いいアマチュアの合唱団を知らないか尋ねられることがあります。もし、合唱団を探していてこれをお読みになった方がいらしたら、ぜひこちらをおすすめしたいと思い、今回の記事にしました。

尚、コール・デル・フィオーレについてご興味があられる方は、この度団の担当者の方からお教えいただいた詳細を以下に記しますので、お問合せ等ございましたらそちらにお願い致します。

練習場所

屏風ヶ浦地域ケアプラザ 京浜急行線「屏風浦駅」より徒歩5分 月2回
ほどがや地区センター 相鉄線「天王町」より徒歩8分 月1回
※ 上記は基本的な情報です。月によって場所、回数など異なる場合があります。

問い合わせ先
高瀬 090ー3535ー8703

県央音楽家協会 設立1周年記念コンサート

神奈川県中央地域の豊かな音楽文化を育むための協会

 

神奈川県の中央に位置する県央地域は、丹沢の山並み、湘南の海にもほど近いという自然豊かな地域です。私の所属する県央音楽家協会は、この地域での音楽文化をより深く広く発展、向上させたいと昨年有志により発足されました。

来たる11月11日には、協会所属演奏家が多く集い、記念の演奏会を開催致します。

会場は海老名市文化会館の小ホールです。

 

この協会は、歌の方が多く集っているので、歌曲やオペラアリアが多いガラコンサートのような演奏会です。

で、ヴァイオリンの私は何を弾くのかと言いますと、、

 

これが、様々な曲で演奏できるのです。

 

この協会には、作曲家の方がいらっしゃるので、この演奏会のために特別な作曲、編曲を依頼することができました。そうして、数々のオペラアリアでも伴奏を演奏致します。

 

個人的に、フリーで演奏会を主催して活動していっていると、自分が主役になるようなリサイタルが主な活動となっていますが、実はアンサンブルや伴奏がとても好きなので、こうしてアンサンブルの形でオペラアリアを伴奏できることがとても楽しみです。

伴奏、それはとても地味な印象をもたれやすいようですが、

音楽の構造は、多くはメロディと伴奏で成り立っています。メロディというのはとてもきれいに聴こえますが、伴奏という骨格がガッチリ支えているからなのですよね。これでこそ音楽を作り上げられる役割でもあります。

この伴奏の楽しいこと!

 

そんなわけで、9月からこのオペラアリアの練習も始まりますが、楽譜が届くのも楽しみです。

 

そうそう、この日はヴァイオリンとヴィオラの室内楽曲の中でも名曲として知られるモーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのための2重奏曲K423より第1楽章も演奏致します。これも演奏するのは久しぶり。。。

 

演奏会の曲目はまた追ってお知らせ致します。

珠玉のオペラアリアたちを特別アレンジの編成で、お聴き頂けますと幸いです。

県央音楽家協会設立1周年記念コンサート

11月11日

13時30分開演

会場 海老名市文化会館小ホール

入場料 2500円

チケット発売は8月25日より。当サイトお問合せからも受け付けております。

お問合せ