国際婦人デーにロシア家庭料理を横浜菊名で味わいました。

菊名の地区センターで味わえる本物の海外のおうちご飯

 

3月5日は国際婦人デー、ということでそのお祝いを兼ねたロシア料理のお教室に参加して参りました。

 

主宰のタチアナさんは、ウクライナの音大を指揮科で出られ、現在は横浜でロシア料理教室を開催されておられます。NHKなんかにも時々出られていて、今度「らららクラシック」にもイギリス人作曲家エルガーの奥さん役で出演されるとか。

それにしてもなんとも美しい出来栄えに参加者一同大感激の連続でした!

引き続きお写真で本物のロシアの家庭料理、おうちで普通に食べられているメニューをご覧下さい。

 

 

 

そばの実を乾煎りし、それをおかゆのようにしていく工程を私が受け持ちましたが、まるでそば茶をいただいているかのような薫りに五感がゆったりとしてきて、とてもリラックスできました。丸いケーキのようなお料理は、「皇帝サラダ」と言い、茹でた野菜にレバー、卵、チーズ、くるみに干した杏など豊かな大地の恵みそのものを頂いているかのような気持ちになりました。

お肉の煮込みも脂臭さがなく、とてもお腹に優しい味わいです。

「ナポレオン」と呼ばれるケーキも素晴らしく、こちらはタチアナさんのご友人のパティシエによるご提供でした。

 

これに更にロシアの発酵飲料、マスカットの香り漂う甘みのあるお紅茶、黒パンにロシアの無塩バターをたっぷり塗って、とてもボリュームもカロリーもたっぷりなメニューでしたけれど、なんと私はほとんどぺろりと平らげてしまいました!実は外食は苦手で、手作りのものしかあまり食べられない体質ですが、とても家庭的で信頼できるお料理は心にも身体にも優しいのか、こんなにたくさん食べたのはいつぶりだろう?と思うほどです。

 

そんな素敵なお料理を教えて下さるタチアナさんのインフォメーションはこちら。

タチアナさんのロシア料理教室

 

11月にはこちらのケーキのパティシエをお招きした講座を開催なさるそうです。私もぜひ参加したいと思っています。ご興味がおありの方は、ぜひタチアナさんの公式サイトからお尋ねください。

 

SNSでもご購読できます。