気怠い夕暮に馴染む音楽

夏の夕暮れと湿度

 

 

過ぎし8月6日の夕暮れに開催しました、夏の夕べのフランス音楽の会、そのご報告です。

 

この日は、日中から気温が高く、かなり暑い日でしたが、夕暮れときとなるにつれて徐々に湿気がムンムンとわいてきました。

弦楽器には向いていないと言われる、高い気温と湿度。そんな中での演奏会です。

 

この日の曲目は、オールフランス。バロックはルクレール、そしてラヴェルとフォーレ。

このラヴェルの作品の中で、スペイン狂詩曲という作品がありますが、その1曲目の冒頭の半音階はスペインのうだるような暑さを思い起こさせる、そんなことを思い出しました。地平線が歪んで見えそうな暑さ。

 

実は、ラヴェルの作品を室内楽で演奏するのはこの度初めてでしたが、今回の演奏会では特にこのラヴェルにお喜び頂けて良かったです。

「遺作」を演奏する運びになったのは、知人や生徒さんがそれを聴きたい、とリクエストしてくれたからでしたが、実際に譜面を開いてみたら何をしたらいいのかわからない、と思うほど。それでもひたすら譜面と向き合い、その響きに身を委ねることで見えてきそうな何かがあったようです。

会場のプリモ芸術工房のスタインウェイは小振りながらも深い響きで、その響きも私のラヴェル初体験を助けてくれてくれたように思いました。

 

 

 

こちらが、その会場のスタインウェイ。

 

 

 

 

しかし、フォーレとラヴェル。フォーレはラヴェルの師であったのですが、双方が追及していきたい方向はかくも違っているのだな、と改めて思いました。

どの作曲家もそうですが、同じ時代で同じ地域とは言え、作品にするための考え方が全く異なるのですね。それは現代を生きる我々にも同じことが言えそうです。他人から見てなんとなく似たように見えても、その人の内部では全く違う、ということ。

 

 

この日は、会場下のレストランでお客様と懇親会を開きました。

 

 

このとき出されたワイン、「ダミアン」からヘルマン・ヘッセのかの名著「デミアン」のお話しをお客様とできたことがとても嬉しいです。ヘッセの「デミアン」は特別な書物。同じ名前を冠されたそのワインの味わいも、私には人生を通じて求めていく何かを感じさせられました。

 

冒頭の写真は、終演後に撮って頂いたものです。私もピアノの苅谷麻里さんもまるでリラックスした表情ですね。このように素敵に撮って頂けて幸せです。

 

暑い日の中での演奏会でしたが、人も体温があるもの。その人から発せられる温度や匂い、それと音楽はとても近いと思いました。その人の内なるところから発せられるものこそ芸術として昇華できるものなのかと思います。

 

芸術とは、ある一面だけでは成り立たないように思います。音楽、思想、詩や踊り、香りや味わい、リズム。まだまだありますね。なんら芸術的でなさそうな会話もモーツァルトの手にかかれば軽やかな響きに生まれ変わります。

私たちは、気が付かないうちに芸術的に生きているのかもしれません。

 

そんな風に、自分のフランスのソナタから懇親会のヘッセまでいろいろと考えさせられた演奏会でした。なかなかそのように深く考えさせられる演奏会もあまりないので、貴重な会でした。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。