3月4日 しらとり台ファミリーコンサートvol11

めくるめくメロディたち!作曲家が目の前で音楽を調理します

季節は春ですが、まだまだ寒さを感じる3月。

横浜市青葉台のしらとり台ファミリーコンサートでは、思わず熱気に包まれそうなコンサートをお届け致します。

今回は、若手作曲家をお迎えし、有名なメロディの数々を様々な味付けにて演奏します。

まずは、その作曲家の方の演奏風景をご覧ください。

これは何かというと、

バリトン歌手の歌曲をアレンジされ、伴奏をピアノで弾きながら鍵盤ハーモニカも同時に吹いてらっしゃるのですね。
私はこの演奏のときにヴァイオリンで共演させて頂きましたが、あまりの器用さと豊富なアイディアに度肝を抜かれました。

ちなみに、この伴奏では楽譜がありますが、普段はご自分でアレンジされた曲は、アレンジを作り終えた時点で練習も暗譜もできてしまうので、伴奏をするのに楽譜を一切見ない彼女。

そんな図抜けた頭脳の持ち主の作曲家のご紹介です。

作曲家 平田もも子

1994年神奈川県生まれ。
東京藝術大学作曲科卒業、現在同大学院エリクチュール科2年在学。
編曲作品がミュッセオマンド、ぷりんと楽譜にて発売、全国のピティナピアノステップで演奏されている。
2017年より演奏活動もスタート。原田ありさとの連弾ユニット「猫なのにTue」、根本真澄、温井裕人と結成したユニット「ぴっこらなーべ」としても活動中。

こんな面白いことをサラリとやってのける彼女。その平田さんのご紹介記事はこちらです。敏腕作曲家平田もも子

その技を存分にお楽しみいただけますよう、この度の内容は、

「めくるめくメロディ!有名なあのメロディたちが、こんな顔にもあんな味にも!」

そう、まるでシェフの調理かのように、目の前でアレンジを繰り広げてもらおうという内容です!

幼少の頃から一流のピアノレッスンも受けてきている平田さん。
ベートーヴェンやショパンも弾きこなすその腕前で、メロディをどんな味付けにでも変えてしまうことができるのですから、これは面白いとしか言いようがありません。

メロディをモーツァルト風、バッハ風から大人気のあのバンド風にまで。

私はそこにメロディ担当としてご一緒致します。

そして、この会では出されるお酒が美味しいとのことでも大変好評を頂いております。次はどのようなお酒を頂けるのか、監修の永島渉さんの選定にもご期待下さい。

3月4日

14時開演(13時半開場)

ヴァイオリン 田中幾子

ピアノ・アレンジ 平田もも子

入場料 大人1000円

高校生以下無料

お酒、お茶、お菓子つき

しらとり台自治会館(しらとり台自治会館への道順

 

このしらとり台ファミリーコンサートシリーズは、青葉台の地域活性イベントとして以下に記載のご協力、ご提供をいただいております。

青葉台森野屋酒店

市ヶ尾 弦楽器カンタービレ

関西割烹のら 恵比寿本店 オーナーで、
日本ソムリエ協会認定ソムリエ、SAKE   DIPROMA永島渉氏

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。