ヴァイオリン演奏

2018年発表会の様子 ソロ動画編

ソロから合奏まで盛りだくさんな発表会

 

先日、当教室の発表会を恵比寿ガーデンプレイスタワーWe love musicにて開催致しました。

その中から、小さなヴァイオリニストたちが大活躍の演奏シーンをご紹介致します。

まずは、ザイツ ヴァイオリン協奏曲第5番全楽章

 

ザイツの5番は、まず2楽章がとても美しく、私も子どもの頃に大好きでした。
3拍子で書かれているのに2拍子に聴こえるような旋律の動き、難しいテクニックはないのにその拍子感がとても深さを感じられた思い出の曲です。

自分自身が大好きだった曲を、
今こうして小さな子ががんばって弾いている瞬間に共演できるのはとても感慨深いです。

 

お次は、葉加瀬太郎さん作曲「ひまわり」

 

打楽器大活躍のアレンジです。
一音一音心を込めて演奏する様子に心を打たれます。
実は、この形でのリハーサルは当日だけ。
普段は私のピアノ伴奏でレッスンしているのですが、当日のリハーサルでこんなに華やかに打楽器が加わっても堂々と演奏できました。

 

「ひまわり」の曲のイメージに合わせて衣装も選び、
とても素敵な舞台を創り上げることができた彼女。今後も期待しています。

 

 

ソロのご紹介動画の終わりは、べリオのヴァイオリン協奏曲第9番より第1楽章

華やかな技巧が次々と繰り広げられるこの曲は、
ザイツと同じく学習用の曲ですが、派手なパッセージにかっこいい盛り上がり、
豊かな歌心の旋律、と魅力満載です。

こういった曲を知ることができるのは一生懸命お稽古しているからこそですね。
カットするのが通例の前奏は長いですが、これを聴いているうちに気持ちが盛り上がってくる小さなヴァイオリニストたち。
精一杯がんばって弾いてもらえるよう、今回はカットなしで演奏しました。

 

当教室では、本質的な豊かさに触れてほしい、とこういう発表会を開いています。ご入会、お問い合わせはこちらからどうぞ→お問合せ

 

 

演奏会出演情報~4月以降

 

4月以降の演奏会出演情報です。

 

4月14日

押上びりーぶスタジオ ファミリーコンサート

 

このところ共演して頂いている、作曲家平田もも子さんとご友人のソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さんとご一緒してのファミリーコンサートに出演します。

平田もも子さんご紹介記事はこちら→敏腕作曲家平田もも子

 

こちらのサロンにて、翌5月には豪華なオペラとワインの夕べも開催します。

どちらも詳細はこちらにてご覧くださいませ。びりーぶスタジオとぴっこらなーべ

 

4月15日 巣鴨西方寺にて尺八とのデュオ。

 

巣鴨にあるお寺での演奏会です。この日は、小さなお子様も質の高い文化をお楽しみいただきやすいよう、入場料も設定してあります。日本酒やお茶のお飲み物もご用意しております。

詳細はこちら→和洋饗宴 巣鴨西方寺にて

 

 

びりーぶスタジオとぴっこらなーべ

スカイツリーをのぞむピアノキッチンスタジオ

 

この可愛らしいピアノサロン。墨田区押上にあるびりーぶスタジオです。

 

ご縁あって、今度こちらで2つの演奏会に出演することになりました。

 

一つ目は、

来月4月14日午後にファミリーコンサート。

近頃しばしばご一緒している作曲家平田もも子さんと、ご友人のソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さんによるアンサンブル「ぴっこらなーべ」

そこにヴァイオリンで器楽の音を加えた豪華なファミリーコンサートです。

曲は、とても楽しいクラシックから皆さまご存じのあのメロディまで!モーツァルトの美しい2重唱や優しい童謡を歌います。

日時4月14日 13時半開演(13時開場)
入場料 大人1000円
お子さんは入場無料。赤ちゃんからご入場頂けます。
お飲み物、お菓子付き。

 

ここで、「ぴっこらなーべ」のご紹介を致します。

ソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さん、ピアノ兼編曲の平田もも子さんによるアンサンブルグループで、
有名なオペラアリアから民謡、童謡、シャンソンなどを得意の演目とし、様々な活動をしておられます。

ソプラノ根本真澄

郡山女子大学附属高等学校音楽家ヴァイオリン専攻卒業。
東京藝術大学音楽学部声楽家を経て同大学別科卒業。
新曲演奏や即興演奏を中心に活動。大学卒業時に同声会賞受賞イタリアにてFestival musicale Recondite Armonie最優秀演奏者賞を受賞。
高橋啓三、平松英子、アンナ=マリア・パーマー各氏に師事。啓声会会員。
日本声楽家協会準会員。

 

バリトン温井裕人

東京藝術大学音楽学部声楽家卒業及び、同大学別科修了。
幼少からピアノを始め、16歳で声楽に転向第89回横浜新人演奏会他、多数の演奏会に出演。
現在自身の演奏活動の傍ら、ピアノや声楽の個人指導も行っている。

 

ピアノ編曲 平田もも子

東京藝術大学作曲家卒業、現在同大学院エリクチュール科に在籍中。
編曲が月刊ピアノ、ミュッセオンデマンドにて掲載、発売されている。
作曲を安良岡章夫氏に、エリクチュールを林達夫氏に師事。

 

この豪華な4人で、5月20日の夕方に更に内容も豪華な会を催します。
それも、オペライブニングパーティ!

平田もも子さん編曲によるオペラの数々を
ソプラノ根本真澄さん、バリトン温井裕人さんに歌い上げてもらい、
私と平田さんがヴァイオリンとピアノの室内楽で伴奏するというもの。
しかも、そこにこちらのキッチンによるお食事と特別セレクトのワインもご用意しております。

参加費は、お食事とお飲み物込みで5000円。

ワイン選定は、いつもお世話になっている関西割烹恵比寿のら本店オーナーソムリエ SAKE DIPROMA 永島ワタルさん。

 

 

 

初めて「ぴっこらなーべ」の歌声を聴いたとき、思いがけずうっとりとしてしまって、
それは彼らと共演する舞台でもあったのですが、聴き入ってしまい
自分が弾くことも、どこかに行ってしまいそうなくらいでした。

とても柔らかく優しく五感に染み渡ってくる歌声。

その柔らかさと、この可憐で明るいサロンはぴったりです。

 

ぜひ、新しい芸術の形、それも空間と歌声と味わいによる五感全体の体験へ、足をお運び下さいませ。

 

お問い合わせ、詳細はこちらまで。
believekazu615@gmai.com    090(1260)8067
びりーぶスタジオ東京都墨田区業平5-2-5(押上駅徒歩6分)

和洋饗宴 巣鴨西方寺にて

尺八とヴァイオリンによる 和洋共演

 

4月。

首都圏では春といってもまだ薄手のコートがほしいような時期ですが、気候は間違いなく春そのものです。

 

その春にお届けする演奏会。

豊島区巣鴨にあるお寺、西方寺にて、尺八とヴァイオリンのデュオ演奏会です。

 

尺八とヴァイオリン、想像もつかないと言われることもありますが、

竹で造られた尺八、楓で造られたヴァイオリン。どちらも木材を材料としており、不思議なことにその音色は寄り添え合えるような、「こんなに合うとは思わなかった」とのご感想も今まで多数頂いています。

今回は、このデュオによる、お寺に相応しい内容でお届けします。

 

4月15日 14時半開演(13時半開場)

 

曲目:宮城道雄「春の海」
バッハ 無伴奏パルティータ第3番より抜粋
その他、特別アレンジによる2重奏曲、尺八のワークショップ体験など、
尺八を初めて聴かれる方でも楽しめる内容でご用意しております。

 

入場料
大人3000円
中学生以下1000円
未就学児無料

※終演後の懇親会、お飲み物付き

 

 

終演後には懇親会をセッティング。
この日のために特別にご用意いただいた日本酒やお茶などお飲み物をご用意しております。

 

お寺で尺八、そして日本のお酒。
「春の海」をぜひ春にお聴き頂きたい。

 

ご出演頂く尺八奏者豊嶋貞雄さんについて、こちらで詳しくご紹介しています。

若き尺八奏者豊嶋貞雄

 

豊嶋さんとは、今年に入って2回共演させて頂きましたが、そのどちらも大変ご好評をいただいております。

今回は、
西方寺の和尚さんから「邦楽器の音には畳が合う」とのお言葉を頂き開催へと繋がり、
そしてまた、
尺八を広く知ってもらいたいとの豊嶋さんの熱い想いから
お子さんにもご入場頂きやすい会と致しました。

 

懇親会で提供される日本酒は、
身体に優しく翌日も楽にいられるお酒を選定されることで
近頃音楽とお酒のマリアージュで大活躍の関西割烹恵比寿のらオーナーソムリエ、SAKE DIPROMA  永島ワタルさんに選定頂きます。

ぜひ、五感で和と洋を感じ取れるこの演奏会にお越し下さいませ。

 

お問い合わせはこちら→お問合せ