しらとり台311キャンドルナイト

富士公園での野外演奏

 

 

私の自宅から歩いて数分、いつも子供たちで賑わっている富士公園でのキャンドルナイトコンサートに出演します。写真は富士公園の桜の木です。

しらとり台311キャンドルナイト

 

今回演奏しますのは

森山良子/涙そうそう
ラフマニノフ/ヴォカリーズ
サティ/ジュ・テ・ヴ

 

「涙そうそう」は、沖縄の言葉で涙がぽろぽろ零れ落ちる、という意味だそうですね。森山さんが、実のお兄さんを亡くしたときの想いの曲だとか。。とてもきれいで明るいのに哀しみもあり、本当に哀しいけど悲しみは越えよう、そんな印象でいます。

「ヴォカリーズ」これは、元々は声楽のための音楽ですね。ロシアという広大な寒い土地から育まれる熱い思い、それを歌詞がない声楽曲にしたラフマニノフ。切々と訴えられる旋律はまるで祈りのような音楽だと思います。

「ジュ・テ・ヴ」言わずと知れた、フランス語であなたを愛しています、というタイトルのこの曲。軽やかなワルツのリズムにのって心を届ける、この曲は、震災始め数々の不幸、災難、そういったものを越えた人々に想いを届けられる一曲となるのでは、と思い選曲しました。

 

開催時刻は17時から20時。

 

まだ寒い中での夜の野外イベントとなります。
これは、本当の意味で、あの震災の辛さを疑似的にでも体験してほしい、という主催者の方々の思いもあるようです。

地域のイベントなので、どなたでもお越しになれます。入場無料で参加者にはコーンスープが振る舞われるそうです。寒い中の温かいスープはおいしいことでしょうね。ご興味がおありの方は主催者のほうにお尋ねください。

青葉台南商店会

 

 

SNSでもご購読できます。