レポートしらとり台ファミリーコンサートvol11

一緒に創れる!みんなでセッション

先日、3月初旬に開催しましたしらとり台ファミリーコンサートvol11。

この日ゲスト出演でお招きしたのは作曲家の平田もも子さんです。

どんなお題をもらっても、
その場ですぐさまアレンジして披露できてしまう平田さん。
この日はあえてプログラムを決めずに演奏しました。

冒頭の写真は、アレンジの仕方をすぐそばで見てもらっているところ。
同じ音でもどんどんリズムを変えていくとこうなります!というシーンでした。

この写真のあと、
リズムを手で叩いてピアノと交互に音楽を創ろう!という実験では大きく盛り上がりました。
かなり複雑なリズムでも叩けた皆さん、
とても集中して実験にご参加頂けたようでした。

こちらは、お客様からお題を頂くシーン。

早速、小学生のお子さんから学校で歌われている曲がいくつか挙がったので、即座に演奏している場面です。
そして、それに合わせて自然と手話をするお嬢さん。
歌に合わせて手話で参加できるコンサートはなかなか珍しいのではないでしょうか。
主催者としてもとても嬉しくなりました。

この他、
春にちなんで童謡や有名な曲を私と平田さんでメドレーにしたり、
きらきら星をモーツァルト風からショパン風などと変奏曲に仕立てていったり。
お客様から頂いたリクエストをその場で弾いていくのは、とても楽しんで頂けたようでした。

何を言われてもそのメロディや和音を正確に思い出せて、
また演奏できる作曲家という人たちは本当にすごいなぁと、共演しても尊敬します。

平田もも子さんのご紹介はこちら→敏腕作曲家平田もも子

そして、この日出せれたお酒はこちら。

今回のお酒もとても美味しく飲みやすい、と好評でした。
私の印象では花巴は春らしい爽やかさがあって、手前のアカガネ(磐城壽)は、大地そのもののような力強さと包容力があるお酒。
生演奏ならではの響きに合わせて選んでもらいました。

休日の昼下がりに、プロによる生演奏を聴きながら身体にいい造りのお酒を味わって頂くこのしらとり台ファミリーコンサートシリーズは、
この回をもって、一旦終了と致します。

今までお越し下さったお客様方、ご出演の演奏家各位、
ご協力の方々には厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

しらとり台ファミリーコンサートシリーズは、青葉台の地域活性イベントとして以下に記載のご協力、ご提供をいただき開催致しました。

青葉台森野屋酒店

市ヶ尾 弦楽器カンタービレ

関西割烹のら 恵比寿本店 オーナーで、
日本ソムリエ協会認定ソムリエ、SAKE   DIPROMA永島渉氏

SNSでもご購読できます。